自動車運転免許の必要性

若者の自動車離れが進んでいると言われていますが、自動車運転免許はまだまだ必要性の高い資格です。プライベートや仕事の幅を広げるためにも、取得しておいて損はありません。できるだけ若いうちに取得しておくと、移動の選択肢が増えます。

短期間で集中して取得したい方におすすめ!免許合宿ならではの特徴

初心者マーク

自動車免許を取得するための方法

自動車運転免許を取得するためには、まずは教習所や自動車学校に通い、必要な授業を受けて卒業試験を突破する必要があります。無事に卒業して卒業証明書を手に入れたら、次は運転免許センターへと出向き、適性検査や試験を受けることで晴れて免許を取得できます。免許を取得したいと考え始めたら、まずは自身が通う教習所や自動車学校を決めなければいけません。

ウーマン

自動車学校はいつから通えるの?

できるだけ早く免許を取得したい!というときには、18歳の誕生日を迎える2カ月前から自動車学校に入校することができます。ただし仮免許取得のための試験を受けられるのは、18歳の誕生日を迎えてからとなりますから注意しましょう。また18歳の誕生日前には、まだ高校に通っている方も多いことでしょう。学校の規則で自動車学校への入校が制限されているケースもありますから、こちらも確認が必要です。

教習所

免許合宿が注目されているワケ

近年注目を集めているのが合宿免許です。普通に自動車学校に通うのと比較して、短期間で集中的に学習できるというメリットがあります。学生であれば、長期休暇を使って参加することも可能です。また合宿プランによっては普通に自動車学校に入校するよりも安く済むケースも多くあります。長期休暇の思い出の一つとして参加する方も増えてきています。

男女

免許合宿へ参加する方法と流れ

免許合宿に参加するためには、まずは自身の希望に合うような合宿プランを探す必要があります。自動車学校によって合宿プランの詳細が違っており、費用も合宿プランに含まれる内容も異なりますから注意しましょう。参加したいプランを決めたら、入校スケジュールをチェックした上で申し込みをします。必要な手続きを行い、当日になったら合宿場所へと移動してください。

[PR]
自動車学校へ入学する流れを紹介
免許を取得したいなら必見!

自動車学校と免許合宿との違いとは?

学校帰りにも通いやすい通学プラン

一般的な自動車学校への通学プランの場合、さまざまな流れを経て、免許取得のために2ヶ月から3ヶ月程度かかります。とはいえ学校や仕事の帰りに教習を受けることもでき、忙しい人でも対応しやすいという特徴があります。

短期決戦の合宿免許

一方で合宿免許は、2週間から3週間程度の短期決戦で自動車運転免許の取得を目指します。スケジュールが短い分、一日当たりの密度が濃いという特徴があります。スケジュールの都合がつけやすく、集中的に参加できる方におすすめのプランです。

20代におすすめの免許合宿のサービス

短期間で免許取得を目指せる免許合宿は、20代の方にも人気です。時間的な余裕がある方も多いので、せっかくなら教習だけではなく観光やお楽しみがセットになったプランを選択するのがおすすめです。免許取得に向けて着実に動く中でも、特別な思い出を作ることができるでしょう。

自動車学校を卒業した人の口コミ

免許

丁寧な指導に安心できました(20代男性)

地元でも定番の自動車学校に入校しました。教官の指導も丁寧で、いつも安心して教習を受けられました。年配の教官も多かったのですが、ちょっとした会話でコミュニケーションをとろうと、努力してくれたように思います。

友人との合宿免許は楽しいことばかり(10代男性)

どうせ免許を取得するなら、友人たちと合宿免許に参加することを決めました。合宿場所も以前から興味があった観光地を選択。教習の合間にさまざまな思い出を作ることができ、とても満足しています。

予約が取りづらく、調整が困難でした(10代女性)

口コミ人気が高い自動車学校を選び入校したものの、利用者が多い分、自分が通いたい時間に予約をとることが難しかったです。オシャレな雰囲気で良かったのですが、予約の取りやすさも重視した方が良かったかなぁと思いました。

費用が高い!合宿免許を検討すれば良かった(20代女性)

特に何も考えずに、大学の夏休みを利用して近所の自動車学校に入校しました。30万円程度かかったのですが、後で「合宿免許の方が、宿泊費用を入れても安い」ということを知りました。もっと比較検討すれば良かったです。

自宅から近いことが一番(30代女性)

子どもが大きくなり、免許の必要性を実感し、自動車学校に入ることを決めました。自宅から近いことを重視して選んだのですが、ちょっとした空き時間にも通いやすく良かったです。

広告募集中