>記事一覧>自動車学校で教えてもらえることとは?教習の流れに注目!

自動車学校で教えてもらえることとは?教習の流れに注目!

教習所

自動車学校の授業の流れ

自動車学校での授業は、技能教習と学科教習を同時に進めていくことになります。技能教習では車を実際に運転するための技術を学び、学科教習では運転する際の心構えや、運転する際に頭に入れておかなければならない基礎知識を学びます。技能教習は1日に2時間までしか受けられませんから、しっかりとスケジュールを組む必要があるでしょう。まずは仮免許取得を目指し、試験に突破できたら路上教習へと進みます。最終試験を突破したら、卒業証明書が発行されます。

標識

自動車学校に通う前に知っておきたい豆知識

自動車学校に通う前に知っておきたいのは、「自動車学校はどこも同じというわけではない」ということです。学校によって、料金にも提供サービスにも違いがありますから、事前によくチェックしておきましょう。また通常の通学免許タイプのほか、合宿免許プランも存在しています。どちらを選ぶのかによって、免許取得までのスケジュールや流れが大きく変わってきますから、自分に合うプランを選び、それを提供してくれる自動車学校を選択することが大切です。

公認校と非公認校の違いとは

厳しい条件をクリアした公認校

自動車学校の公認校は、さまざまな条件を満たしていることが求められます。技能検定員と教習指導員の配備が求められており、設備も基準をクリアしていることが求められます。教習内容についても細かな規定がありますが、卒業検定を突破することで運転免許試験の実技を免除されます。

安い費用でも通える非公認校

一方で非公認校は、これらの基準をクリアしていません。これにより仮免許試験や検定試験の実施が認められていないのです。自動車学校で教習は受けられても、各種試験の折には免許センターもしくは試験場へと出向く必要があります。教習スケジュールを自由に組めるので、費用を安く抑えられるという特徴があります。

広告募集中